下調べの重要性

ようやくエントリーする時という局面ではまずは下調べを手抜きしてはいけません。

トレードを始める前であったら物事を冷静に調べる事ができるゆとりがあります。

 

だがしかし、いったん相場の中へ足を踏み入れると、どうあがいても受け取り方が独りよがりになってしまい、しっかりとした見方ができなくなる恐れが生じる。

 

だから己の頭が客観的な状況できちっと準備をしておくことが大切なのだ。

 

この"準備"とは、まずは自分の脚本を作る事から行います。

 

今からの為替相場は上がる(または下がる)から円を売買するみたいな自らの脚本を書いていきます。

 

その次は日足チャートを確認しましょう。

 

今までの為替相場の上下動を見つめて、現在の位置をチェックします。

 

すると、「現在はだいぶ低すぎる段階になっている」など、あるいは「もはや多数の投資家の方々が仕かけているから、これから先自分がしかけてももう間に合わないな」ということが見えてきます。

 

当然、もう取引するのがやりようがないと思っていたら、仕かけないで、この場面ではすっぱりと吹っ切ることが大切です。

 

どうしても自らの脚本を貫いて、無理に新規エントリーすると、外国為替市場に押し返されて、逆に損することになる可能性があります。

 

とは言うものの大体の状況で緻密なあなたなりの筋書きを思い描いていると、売り(または買い)が遅いという場面にはならないと思います。

 

たぶん、本格的に外国為替市場が上下動する前の状態のはずだからです。

 

続いては、まずはあなた自身がエントリーしようと考えている通貨ペアの動きをちゃんと調べる事が肝心。

 

もし、ドル高になるだろうという物語を考えたのであればドル円の推移に注意を払っておきます。

 

相場の上げ下げを確認し始めた段階ではドルは目立って推移する気配を見せず、上や下にちょっとした変動をしているだけでしょう。

 

しかし、その動きをじっくりと確認していると、あるところで着実に、ドル高へと外国為替市場が変化し始めます。

 

このタイミングでいよいよドル円の取引します。

 

通常は、これだけ緻密に用意をすれば、そのトレードで利益を上げる率は大きくなるはずです。